薬の副作用で口臭が気になり出したことと対策法

神経系や睡眠導入の薬を飲むようになって8年以上が経過していて、年数と共に薬の数も増えていることが現状です。最初の頃には薬の効果により快適な生活を送ることができるようになったものの、2年程度前から口が異常に乾燥するようになり、水分補給を十分に行っていても改善できません。

ブレスマイルウォッシュの効果

半ば諦めていた後に、今度は口内の乾燥によって口臭が気になるようになり、このことを実感したのはマスクを着用するようになってからです。マスク内に溜まった呼吸が鼻から上へと流れるようになり、初めて口臭が出ていることを把握できました。口臭はそれほど嫌な臭いではありませんが、それでも気になってしまい特に他人と会話をするようなシーンでは相手側に不快感を与えているのではと心配になることも増えてしましました。

薬の服用は止めることができないので、他の方法での解決策を考えた際には、最初は飴を舐めるという簡単な方法で対処をしてきたのですが、一日中飴を舐めるという行動は現実的ではないので、次の解決策を探したことが口臭対策には効果を感じるようになったことは嬉しい限りです。

その対策用で使用したものは、ドラッグストアで販売されているドライマウス用の液体です。この液体は容器に入れられていて大さじ1杯程度を口に含んで30秒程度口内でモグモグするという使い勝手の良い商品です。朝と昼、夕食後と1日に3回使っていますが、結果は口内の乾燥問題はクリアでき、以前は言葉をしゃべる際にも口内や舌が粘着質な状態だったので、問題がありましたが、口臭問題を含めて全て解消できたことは嬉しい経験です。